September 03, 2011

台風12号の影響で大雨

昨日から台風12号の影響で大雨が降り、特に石狩川
上流の北空知や上川地方での大雨の影響で石狩川他
が増水して、砂川市を流れている石狩川の増水により
河川敷のパ-クゴルフ場、ダ-トトライアル場、ゴルフ
練習場等まで水が押し寄せてきたようです。そして「砂
川遊水池」(オアシスパ-ク内)も水門を閉めている為
に増水して低い所は水没しております。
現在は石狩川の水量も徐々に下がってきております。

Photo_2

《オアシパ-ク内の灯台が水没状態》

いつもは護岸も灯台もはっきりと見えるのが水没の
状態です。
水面にポツンと見える頭が灯台です。


Photo_3

《オアシスパ-ク内の看板が水没しかけてます》

看板も増水により水没しかけてます》

Photo_4

《河川情報表示版》

増水危険の表示が出ております。
市内の河川の水が濁流のごとく流れ込んでき
てます。

Photo_5

《越流堤》

石狩川とオアシスパ-クを繋ぐ「越流堤」、石狩川
が増水すると自然とオアシスパ-ク内(遊水地)に
流れ込んできます。過去、一度も流れ込んできて
ません、10年程前に流れ込む寸前まできたのを
覚えております。


これ以上、台風12号の影響による大雨が降らな
い事を願います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 30, 2011

空知ネットワ-ク21(SN21)砂川例会

28日(金)に今春の統一地方選挙後、久しぶりとなった
「空知ネットワ-ク21」(SN21)の例会が砂川の地に
て開催されました。

当会は、平成11年春に中空知地域を中心とした1期・
2期の若手市町議会議員で作られた会です。
自分達の「まち」を元気にしょうと考え、更に地域が
元気になることにより近隣の自分達の「まち」も元気に
なることを「合言葉」に年4回程度の意見・情報交換を
目的として定期的に例会を開催しております。

私達の会も活動して12年間が過ぎ、それぞれの議会
において中心的な立場となってきた議員も多く、今回
新しく正副議長に就任したのは4人(内、議長3人と
副議長1人)、継続して再就任された議長が2人、正副
議長経験者が2人(内 、議長1人、副議長1人)、その
他各議会にて役職を任されております。

今回の例会は、砂川市も自分が担当となり開催に向
けて準備をしました。

<砂川市の施設見学>
昨年、10月下旬に完成した「砂川市立病院本館」の
概要説明と病院内の見学

<砂川市のまちづくり>
副市長を講師としてお招きして「砂川市第6期総合計
画」の概要説明、と新市長の目指す「砂川づくり」につ
いて宅話を頂いたところです。

<例会出席者>
滝川市2名、歌志内市1名、雨竜町2名、新十津川町
1名、上砂川町1名、浦臼町1名、砂川市1名の議員
が8名出席となりました。
赤平市・芦別市・北竜町の会員は所用により欠席と
なりました。

<ゲスト出席者>
副市長をはじめ砂川市民2名の3名出席を頂いたとこ
ろです。


【砂川市立病院の見学】

はじめに、病院2階の多目的ホ-ルへ集合して、
病院事務長はじめ改築課の職員も同席して頂き
病院の概要について詳しく説明を頂きました。その後、
熱心な質疑応答で更に詳しく知ることができました。


《多目的ホ-ル内で概要説明を受けているところです》

Photo


  《1階ロビ- 病院完成模型横での説明》

Photo_2


     《地下 免震装置の説明》
災害拠点病院であり地震への対策として「免震構造」
により建てられており、病院建物全体を写真の「免震
装置」で支えられております。

Photo_3


      《屋上ヘリポ-トの見学》

Photo_4

      《ヘリポ-トからの眺望》
北東の方向を眺めて見たところです。
眼下には市内住宅街が見え、遠くに「石山」
「子供の国」、その右手に歌志内市の「神威
岳」が見えてます。

50

       《病棟内の個室を見学》
Photo_5


予定の時間を越えて中身の濃い病院内の見学
を終えて、例会場である市内の居酒屋へ移動し
ました。


【砂川市のまちづくりについて】
出席予定のゲストの皆様も来られて、例会予定時間が
過ぎてしまいましたが、例会セレモニ-は手短に進め、
会運営の役員改選(代表・副代表・事務局)と次回例会
開催地を決定して、予定通り「副市長による宅話」を
お願いしました。


        《副市長の挨拶と宅話》

Photo_6


      《第6期創合計画の概要説明》
ダイジェスト版を持参して頂き、見ながら懇切丁寧に
お話しを頂きました。
更には新市長の「砂川づYくり」、協働をキ-ワ-ドと
して「コミュニテイづくり」等、これからの取組みにつ
いて話されました。

Photo_7


副市長による宅話も予定通り「20分程度」話しをし
てもらい、その後、出席者の自己紹介を進め、19時
には連絡どおり「滝川市議会の議長」も間に合って、
7時過ぎから総勢12名の出席による懇親会を始め
ました。

懇親会ではそれぞれの市・町の現状など意見情報
交換を和やかな雰囲気の中で行われました。
ゲストで出席して頂いた皆さんも楽しんでもらいまし
た。


今回の砂川の地での例会では、市立病院の皆さん
と副市長には大変お世話になり有難うございました。
出席して頂いた近隣の議員の皆さんにも「病院」の
こと、「砂川市のまちづくり」のことを知ってもらえる
良い機会であったと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 27, 2011

7月総務文教委員会報告(7/22)<その2>

総務文教委員会報告<その1>の続きです。

《総務部の報告事項》
【総務課】
1.防災計画の改正について
 砂川市地域防災計画は、平成11年に改正されて
以来12年が経過し、道の地域防災計画の改正、
市内での新たな公共施設建設等の地域の実情に
合わせた避難所の指定を加えて、北海道から5月
6日付けで改正の承認通知がされて新たな防災
計画が完成しました。


【選挙管理委員会】
1.砂川市農業委員会委員選挙の結果について
 任期満了に伴い、7月3日告示、7月10日選挙が
実施され、委員定数9人に対して9人の立候補届出
で無投票で当選人が決まりました。

【広報広聴課】
1.砂川まちづくり出前講座について
今年度は全44講座を実施、講座メニュ-等について
広報すながわ5月15日号と市のHPで市民へ周知を
しました。

2.市勢要覧の作成について
 平成23年度版として、「砂川市第6期総合計画」の
取組みを中心に編集して3千部を作成します。

3.砂川市土地利用計画の策定について
 土地利用計画協議会の開催
  6/2、6/30、7/7、8/4予定
 市民意見の募集 広報すながわ7月15日号へ折り
込み 市民説明会 7/25,7/26、7/28の3回実施しま
す。
 今後は、市民説明会での意見や市民意見の提出の
内容を踏まえて、8月上旬に第4回協議会での意見を
頂きながら国土利用計画砂川市計画の素案作成し、
8月中にパブリックコメントを実施し、道との協議を経た
後、12月議会へ提案を予定します。


4.「移住促進事業」による移住者及び
   「すながわお試し暮らし」の募集再開について
 今般市内の住宅を購入して、2地域居住を開始され
ました。


5.平成23年度普通交付税、臨時財政対策債について
内容については北海道より8月5日に報道発表される
予定です。

【まちづくり協働課】
1.協働のまちづくり懇談会の開催について
6月14日、町内会連合会の役員24名と懇談しました。
「協働のまちづくり庁内推進会議」が7月28日に開催
します。

2.町内会実態調査の実施について
7月19日から8月5日までの調査期間、市内88町内会
を対象にアンケ-ト調査を実施します。
 アンケ-ト調査提出後、より詳細な意見を伺うために、
調査訪問を実施します。

【税務課】
1.市税のコンビニエンスストア収納状況について
 6月末現在の納入実績は、4,498件となってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 24, 2011

7月総務文教委員会報告(7/22)<その1>

7月22日(金)、総務文教委員会が選挙後の新しい
議会において初めて開催されましたのでご報告致し
ます。

10時から始まった委員会は、お昼休みを挟み、1時間
の時間延長して17時に終了しました。
1回目の委員会でしたので各議員から多くの質疑が行
われて、委員会が時間延長して終わったことは私自身
初めての経験でした。
大変活発な中身の濃い質疑答弁がされた委員会であ
り、これからも砂川市と市民生活の発展に寄与できる
ような委員会に努力して参りたいと思います。

まずはじめに、
総務文教委員会が担当する事務分掌について
○総 務 部
   =総務課・広報広聴課・まちづくり課(新設)
    税務課・選挙管理委員会・会計課
○病  院
  =管理課・医事課・改築推進課
    栄養管理部・地域医療連携室
    診療情報室・附属看護専門学校
○教育委員会
=学務課・社会教育課・スポ-ツ振興課
    図書館・学校給食センタ-

以上が、総務文教委員会が担当して、4定例議会以外
の月である4月・5月・7月・8月・10月・11月・1月・
2月に委員会を開催して参ります。

直、総務部、病院、教育委員会ごとに説明員である
副市長、部長・病院事務局長他と担当課長、
そして教育長、教育次長と担当課長が出席します。

砂川市議会には二つの委員会(総務文教・社会経済)
があり、今回の委員会は1回目の委員会でしたので、
各々担当する事務分掌の説明がされ、さらに砂川市の
当面の懸案事項について説明報告がされました。

《当面の懸案事項》
【総務部】
①災害時要援護者の避難支援計画の作成
  及び災害時の生活必需品等の備蓄推進について
②未利用地の売却について
③スマ-トインターチェンジの取組みについて

【市立病院】
①病院経営について
②病院整備について
③姉妹病院について
④病院祭の実施について
⑤患者サ-ビスの向上について
⑥未収金対策について
⑦地域連携の充実・拡大について

【教育委員会】
①学校施設・設備の計画的な整備について
②フッ化物洗口事業の推進について
③砂川市家庭教育サポ-ト企業の推進について
④子ども読書活動の推進について

等が懸案事項として報告がされて質疑答弁が
行われました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 13, 2011

会派「新風会」議会報告会の開催

今日は夕方、初めての開催となる 会派「新風会」議会
報告会を行います。

(開催時間) 18時から20時
(開催場所) 北光団地老人憩いの家

6月定例市議会の報告を中心に進めて参ります。

会派として積極的に、そして能動的な活動として開催し
て、これからも市内の色々な地域で議会報告会をしな
がら住民の皆様から意見・情報交換を通して議会の活
動をしていこうと思います。

まずは会派3人で頑張って参ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月定例市議会 総括質疑 <その1>

平成23年6月定例市議会
市政執行方針
   並びに補正予算への総括質疑(本会議場)

【市長による市政執行方針について】
(1)市民の意見を聞く取組みについて
 (市長自らの行動・活動の取組み)
《答弁》
市内で活動されている各ボランテイア団体、社会
活動されている団体等との意見交換を積極的に
進めていく考えです。  

(2)協働のまちづくり推進について
 ①協働への意識づくりについて
《答弁》
協働のまちづくりに対して、積極的な情報提供や
共有等により市民・行政の双方の理解を深める 

 ②協働への環境づくりについて
《答弁》
地域コミュニテイの最小単位である町内会の組織
や活動の強化を図る。
市民や地位活動団体等との懇談・意見交換を行い、
それぞれ現状と課題等を把握し、連携や協力のあり
方、協働のまちづくりの方策を検討する。

 ③協働への仕組みづくりについて
《答弁》
共通の認識を持って協働のまちづくり推進できるよ
うに「協働のまちづくりの指針」の策定に取り組む。

(3)新たな公共交通の方策について
《答弁》
市民が地域公共交通について、「どのように考え」
「どのように求めているか」を市民アンケ-トを実施
する。
地域公共交通について「実証実験」を行い、作り上
げていく。
国・道等の補助も検討し、出来上がるまでには4年
程かかる。

(4)「市立病院周辺地区の環境整備」と「JR砂川駅
   橋上駅化」について
①市立病院周辺地区の環境整備事業地区の範囲は?
《答弁》
市道北2丁目通りから市道北3丁目通りまで
JR砂川駅から市道西7条通り区間

②「環境整備事業とは」?について
《答弁》
平成25年度から4ヵ年計画で、市道北3丁目通りの
道路整備を市道東1条北通りから西7条通りまでの
区間を改良舗装工事。
市道北2丁目通りの道路整備は今後検討する。
「ロードヒ-テイング整備」については、沿道住民の
協力をお願いし早期発注に努力する。

 ③「JR砂川駅橋上駅化」
《答弁》
橋上駅化には多額の事業費がかかり、補助制度の
活用等、関係機関と今後、協議を行い、調査・研究が
必要である為、しばらく時間が必要です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

June 29, 2011

平成23年度6月定例議会が終わりました。

平成23年度 6月定例市議会が終わりました。

6月20日から6月27日までの8日間の会期日程にて
開催され、この間23日は議案調査の為に休会、25日・
26日は土日にて休日、実質5日間の議会となったとこ
ろです。

今定例会は、選挙後の初議会となり、善岡新市長に
よる、これからの砂川市のまちづくりの考え方等が初め
て示される大変大事な、そして重要な議会でもありまし
た。

そのことから6月定例議会の私なりに考えるテ-マは
「協働のよるまちづくり」についてであったと思います。

<6月定例議会の会期日程>

【6月20日(月) (第1日目)】

午前9時から議会運営委員会が開催されて、一般質問
通告者が8人となったことからも「会期日程」の確認が
されました。

○市長・教育長の行政報告
○市長の市政執行方針説明・教育長の教育行政執行
  方針説明
○一般質問 3人

本会議終了後、議会運営委員会を開催して「意見書」
について協議したところです。

【6月21日(火) (第2日目)】

本会議前に議会運営委員会を開催して、農業委員会の
議会推薦について協議確認が行われました。

○一般質問 5人
私は6番目の通告でしたので、この日の3番目に一般
質問を行いました。


~ 一般質問の項目 ~

①健康づくりサポ-タ-の充実について
②防犯灯をLED照明へ交換することについて

※質疑の詳細は後日ご報告させて頂きます。

【6月22日(水) (第3日目)】

○各議案の提案説明が行われました。

~ 主な提案内容 ~

①市長・副市長・教育長の報酬減額の修正
②砂川市税条例の一部改正
   主に国民健康保険税の限度額

③砂川市中小企業振興条例の改正
   主に新築店舗で小売店舗以外に飲食業、
   サ-ビス業の追加
④平成23年度砂川市一般会計補正予算
⑤平成23年度砂川市立病院事業会計補正予算
   主に市立病院駐車場の実施設計予算

【6月23日(木) (第4日目)】

提案説明後の議案調査の為に休会となりました。
私も午前中、会派室にて議案内容について下調べ
しておりました。

【6月24日(金) (第5日目)】

提案説明に対する「総括質疑」が行われました。

○市長・副市長・教育長の報酬減額の修正について
 と砂川市税条例の一部改正 主に国民健康保険税 
 の限度額については、1名の議員から質疑がありま
 した。

○平成23年度砂川市一般会計補正予算については

7名から質疑が行われ、私達「新風会」からは私と
同僚議員から質疑を行ったところです。

※ 質疑の詳細は後日ご報告させて頂きます。

○平成23年度砂川市立病院事業会計補正予算 
 主に市立病院駐車場の実施設計予算 
 については、1名の議員から質疑がありました。

 

この日は時間延長をした中で総括質疑を終わらした
ところです。

【6月25日(土)・26日(日)】 土日でお休みです。

【6月27日(月) 第8日目】

午前9時15分から議会運営委員会を開催して会期
日程について協議。

予算審査特別委員会  議長を除く全員で行う会議
提案説明された内容について細かな部分も含め、 
答弁説明として課長職も加わり行われたところです。

主に市立病院駐車場の実施設計予算につては、

駐車台数の削減への考え方に対して集中的に議論
が重ねられ、採決の結果、反対者1名で賛成多数で
決まりました。

私ども「新風会」は、賛成の立場で採決をしたところ
です。

午後3時15分頃までかかり、その後本会議場へ戻り、
残りの議案・報告等について審議されて、今定例会2
度目の時間延長をした中、午後5時頃に終わりました。

今定例会は「会期日程」通りに進むのか、又は時間の
延長や会期延長も考えたり、そして「新市長誕生」に
よる市長の考え方を聞く大事な定例議会であり、沢山
の質疑を通しての議論が活発に行われたところです。

詳細な報告は引き続きさせて頂きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 07, 2011

雨続きの大型連休

久しぶりに「SAWADAの部屋」へ書き込みです。

今年の大型連休は雨続きで気温も低く寒い連休と
なってしまいました。

連休始まりの29日は、雨降りの中でのソフトテニス
の春季大会(コ-ト開き)と総会・懇親会、毎年大型
連休は定番でここからの始まりです。

30日は、4回連続で100kmウォ-ク大会の練習
会で早朝自宅出発して滝川市ふれあいの里へ、自
宅から滝川ふれあいの里間(17km)、滝川ふれあ
いの里から砂川子供の国間(16km)、砂川子供の
国から新十津川町経由の滝川ふれあいの里間
(15km)、合せて48kmの今シ-ズン初ウォ-キ
ング。

大会主催企業の社長はじめ社員や関連業者に混
じり参加さて頂きました。

今年は10回目となる記念の100kmウォ-キング
大会へ、5年連続で参加します。

ウォ-キング後の慰労会には夜に会議があり参加
せずに帰宅しました。

夜は地元町内会の定期総会が開催されて出席です。

5月に入り、2日は会議で一日慌しく過ごしたところ
です。

3日は仕事で札幌市へ、ついでに石狩市へ足を伸
ばし子供の所へ、途中に石狩市民図書館へ立ち寄
り中を見学、初めて中へ入ってみました。ここは新
しい図書館で道内でも有名な図書館でもあります。
何より驚いたのは連休期間中も開館していたことで
す、普通公共図書館は祭日祝日は休みが多いの
で・・・・・。

4日は夕方に岩見沢を高速道路で往復(無料)、
さすがに連休で車が混雑、利用台数が多いです。

5日は午後から仕事で旭川市へ、夕方に帰ろうと
すると国道12号線が大渋滞、高速道路で事故が
発生して通行止めが原因でした。

かなりの遠回りでしたが美瑛・富良野・芦別経由
で遅くなりましたがスム-スに帰宅しました。

昨日の6日は、早朝に初めて子供といっしょに寒
い中をオアシスパ-ク一周(5.6km)のウオ-
キングを1時間程度行い、午前中会議で出席、
午後からは外出して夜8時頃帰宅しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 27, 2009

熊本県水俣市ごみ分別収集取組みの報告

<熊本県水俣市の視察報告> 

水俣市の面  積   162.87 k㎡
      人  口  28,220  人
      議員数        18  人

水俣市は「チッソ」の発展と共に人口が増加したが、
昭和31年「水俣病」が公式に確認され、業界不況、
石油化学工業への転換などで規模縮小、操業短縮、
従業員の配置転換などの合理化が進み、人口減少
へと進み始め、現在では過疎化、高齢化が進み高
齢化率は30.9%となっております。

【視察目的】
① ごみの分別収集の方法
       (22分別を実施)について

ごみの22分別は1993年から始まり、これはごみ
の最終処分場が一杯になってくる事等から分別を徹
底する必要となった為でした。

市内の収集ステ-ション数
資源ごみ   300ヶ所      燃えるごみ 700ヶ所

水俣市はごみの有料化はしてなく、ごみ袋を指定し
ているだけです。4社により作られたごみ袋を市民
が購入しているだけです。

行政が各ごみコンテナを配布して収集をしており
ます。

ごみの分け方・出し方のチラシによると

一例ですが

びん類、空き缶、布類         月に一回

ペットボトル、紙類、          月に二回

有害な電池・蛍光管・電球類、    月に一回
破砕・埋立、粗大 

資源になるもの           毎週水曜日
生ごみ                    週二回   

ごみ処理をする「環境クリ-ンセンタ-」について

水俣市等1市3町で「ガス化溶融炉」にて処理して
おります。

24時間連続運転すると維持費として「燃料代」、職員
「人件費」が増えていくとのことです。

焼却炉は1基よりは故障・修繕のことを考えると2基
で運営した方が良いですとのことです。

直、水俣市は「環境モデル都市づくり宣言」を1992
年に実施しており、市民の環境、ごみへの意識はしっ
かりとされているところでもあります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 21, 2009

九州都市行政視察の報告

熊本県水俣市・上天草市、
  長崎県大村市の都市行政視察の報告<その1>

     (視察行程の報告)

11月16日(月)から19日(木)までの3泊4日で熊本県
水俣市・上天草市と長崎県大村市へ私を含めた「無所
属の会」と「日本共産党」会派による4人合同で政務調
査費を活用して視察訪問を行って参りました。
その他に鹿児島県阿久根市の「ス-パーセンタ-A-Z」
と長崎県佐世保市内の商店街も見学して参りました。

そこで視察の行程をはじめに報告させて頂きます。
また、視察内容については後日報告を送らせて頂きま
すのでよろしくお願い致します。

<都市行政視察行程>

◎11月16日(月)  砂川出発
早朝に砂川市をJRで出発し、新千歳空港から中部空
港経由で午後1時半過ぎに雨降りと曇り空の鹿児島空
港へ到着しました。

鹿児島空港から宿泊地である「阿久根市」へシャトルバ
スに揺られること2時間、16時半頃に阿久根市役所前
に到着、外は生憎の雨降りに寒さ、足早に宿泊先のビ
ジネスホテルへチェックインです。

17時過ぎに見学予定をしていた「ス-パ-センタ- 
阿久根A-Z」(最近は全国放映されて)へ向い、宿泊先
からはかなり離れた阿久根市の郊外で国道沿いにあ
ります。1時間程かけて広い店内を見学してみました。

その後は夕食を皆でとり、北海道から鹿児島までの長
い道中の雑談で終えました。

◎11月17日(火)  鹿児島県阿久根市

午前7時に朝食、8時15分ホテルを出発して水俣市
へと向います。
肥薩おれんじ鉄道の「阿久根駅」から約50分かけて
熊本県水俣市の水俣駅へ出発です。

<肥薩おれんじ鉄道>
九州新幹線の「新八代」から「鹿児島」までの開通に
伴い、以前JRの在来線でしたが新しく第三セクタ-
の鉄道会社となったものです。

<熊本県水俣市を行政視察>
      午前10時 水俣市役所
 
【視察目的】
①ごみの分別収集の方法(22分別実施)について
②みなくるバス(コミュニテイバス)実施状況について

視察を終えて昼食を済ませてJR九州新幹線「新水俣
駅」へと向かい、明日の視察地「熊本県上天草市」へ
移動です。

移動は「新水俣駅」から「新八代駅」までは新幹線を
利用、新八代駅からはJR在来線の鹿児島本線「宇土
駅」まで、「宇土駅」からは三角線に乗り換えて終点
「三角駅」まで約1時間40分の乗車です。

宇城市「三角駅」から橋を渡って上天草市に上陸、市
内の宿泊先のビジネスホテル(民宿?)には午後3時
頃到着しチェックインをしました。
外は気温が低く寒いです、本当にここは九州なのか
信じられませんでした。あまりの寒さに部屋の暖房を
いれてみました。

夕食の午後6時まで時間があったので「天草五橋」
(天草パ-ルライン)で有名(島々を橋で繋いでいる)な
所でもあるので二つの橋を歩いて渡り約1時間半かけ
て往復してみました。
橋の歩道は1人分の幅しかなく大型車両が通る度に
「恐ろしい」「怖い」と感じました、車からも危ないと感じ
たでしょう。

◎11月18日(水) 熊本県上天草市

午前7時朝食、朝食後約1時間半かけて周辺を散歩。
午前9時半、ホテル前を出発して上天草市大矢野庁
舎へ向いました。

<熊本県上天草市を行政視察> 
       午前10時 上天草市大矢野庁舎

【視察目的】
総合計画に基づく1010(イチマルイチマル)
             プログラム施策について
①303成果指標の決定状況について
②「1010プラグラム政策研究会」の具体的な取組
  みについて
③実施における市民との情報共有について

視察を終えて移動の為に「三角駅」へと向いました。
ところが「鹿児島本線」で信号機のトラブルが発生し
て上下線とも不通、電車がいつ動くかわからないと
のこと、暫くして三角線の電車は折り返し運転するこ
とになり出発、宇土駅に到着したが次の電車も暫く
遅れて到着し、熊本駅へと向い約1時間半遅れでの
到着でした。

熊本駅では折り返しの特急電車に乗車して後、佐賀
県のJR鳥栖駅で乗り換えてJR佐世保駅へと予定
より約1時間遅れの午後5時10分頃に到着です。

ビジネスホテルには午後6時頃チェックインして、急
いで近くにある商店街へ向かい、全国的にも有名で
約1キロ弱のア-ケ-ド街である「三ヶ町」「四ヶ町」
商店街を歩いて見学してみました。
商店街にある百貨店で「北海道物産展」が開催され
て、チラシを見ると「砂川の岩瀬牧場」が出展されて
いたので、閉店10分前でしたが急ぎ催し会場へと向
かい「岩瀬牧場」の担当者と顔を合わせてきました。
まさか、佐世保で砂川の岩瀬牧場と会うとは驚きで
した。岩瀬牧場も全国区へと努力されておりますね。

◎11月19日(木) 長崎県佐世保市

早朝真っ暗な午前4時頃、佐世保朝市を見学に歩
いて行ってみました。
午前6時半に朝食、出発の準備をして午前7時50
分にホテルを出てJR佐世保駅へ向い、長崎行き
の普通列車に乗って、約70分かけて午前9時半
過ぎにJR大村駅に到着です。
到着後、早々に長崎医療センタ-へと向いました。

<熊本県大村市を行政視察> 午前10時 
 独立行政法人国立病院機構 長崎医療センタ-

【視察目的】
① 救命救急センタ-の概要について
② 長崎医療センタ-の概要について

視察を終えて、いよいよ北海道への帰路となります。
大村市の沖合いにある「長崎空港」へと向かい、13
時45分長崎空港発羽田空港経由で新千歳空港へ
と出発しました。

17時30分新千歳空港に到着して、JRで旭川行き
直通の特急に乗って19時44分に雪の降る「砂川」
に無事に帰ってきました。

以上が視察行程の報告となります。

今日は視察の行程のみを大まかに報告させて頂き
ました。
視察の詳細な内容は、後日皆様へ報告を致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«2008年を振り返って